工藤清敏先生(漢方塩) 世間一般

漢方塩 工藤清敏先生のお話、かんぽうえん塩・自然医科学研究所

投稿日:

漢宝塩(工藤先生)

なんでもかんでもブログ
(漢方塩編)

南 敏和です。

前回の漢方塩のお話

漢方塩のお話 ツネツネ酒井京子先生アツピーが塩で完治!コトノハ工房代表

今日のお話
工藤清敏先生  フエィスブックから引用 2020.3.21

玉投げ、玉入れ

赤と白の玉を小学生の頃、玉入れしましたね。

最後に数を数えて
どっちが勝ったかやっていましたね。

勝ち負けはどうでもよかった。

ただただ網に入れたかった。

ときどきコミュニティは分裂します。

考え方の違い、価値観のちがい、小さなイザコザの積み重ね。

線をここに引けばお前が悪い
線をあっちに引けばあなたが悪い

正義を争えば殺しもありますね。

勝ち軍になれば、負け軍を徹底的に叩く場合もあります。

命は取らないから、従えという条約もありますね。

僕は1人で崖っ淵に追い詰められましたが、絶対 再興できると
信じていました。

応援者が10人でも静かに立ち上げていく
ボロボロに追い詰められても、やり遂げる

今は、何とか小さな陣地を作り、また祈りと笑いと安寧な思いで進めていきます。

向こうも繁栄して欲しいです。
僕もまた。

たまたまリセットの機会でした。

ここまで追い詰められたからこそ、次のステージが現れてきました。

勇気も開き直りも決断もできました。

レシピは向こうのスタッフも困ると思い、開示しました。

ですから紅組は 予算もありますし、順長に回っていくでしょう。

僕も僕のファンと新たなステージに行くでしょう。

3ヶ月もすれば小さく回っていくでしょう。

紅組と白組に分かれただけです。

両方を応援する人は、交互に配布希望をすればいいでしょう。

お互いの船の航行が健やかな思いで進んでいきますように。

みなさんありがとうございます。

まだ死ねません、やります〜 笑笑

工藤清敏先生のお話(パートⅡ)

この地球で
この宇宙で

ときどき思います。

宇宙に浮かぶ地球
それが秒速200キロで螺旋しながら動いている様子を。

僕はその地球で、その日本でiPadで記事を書いています。

遥か彼方の宇宙人は、僕を巨大な装置で見つけているかも知れません。

銀河の果てから見れば、地球だけが見え、この地球であーだこーだと言っている僕らやニャンコやポチも見えないでしょうね。

さて、僕らの身体の塩水で泳いでいる細胞さんはどうでしょう。

僕らには見えません。

常在菌やウィルスとなるとさらに見えません。

しかし顕微鏡ではそれらは何とか見えます。

しかし、それより小さいものがありますがそれは見えません。

身体が宇宙なら、原子や陽子や、さらに素粒子となるとほとんど見えません。

今は素粒子が最も小さいものですが、しかし それより小さい粒子も存在しているでしょう。

ナトリウムと言っても実はエネルギーの強弱があると僕は想像しています。

ですから、ナトリウムも7種類に分けられたりする時代が来るかも知れません。

元素転換も事実ありますね。

本当に面白く不思議な世界
それを感じながら生きていこうと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:工藤清敏、立ってる、屋外

工藤清敏先生

 


最後に‥

工藤清敏先生のお話でした。

漢宝塩で薬いらず、病院いかずの生活を目指しましょう。

この記事が生きていく上でプラスになれば嬉しいです。

最後まで、お読みいただき誠に有難うございます。

漢宝塩大ファン南 敏和です。

漢宝塩で健康(薬のいらない生活)

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをいただくと幸せです。️

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへにほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

令和2年321日 新規投稿 1-10
(10-141)

㈱glee不動産フェイスブックインスタグラム

 

-工藤清敏先生(漢方塩), 世間一般

Copyright© 幸せをお手伝いする不動産 , 2020 All Rights Reserved.