工藤清敏先生(漢方塩)

漢宝塩のお話・旧ふくふく塩の健康回復学研究所、工藤清敏先生!

更新日:

健康回復学研究所 工藤清敏先生

漢宝塩

工藤先生のお話

メタトロン診断で 酵素玄米ご飯は だめだと

そういう方がいます。

だから食べれません〜って。

メタトロンが100%正しいなら、それでいいんじゃないですか?

僕がその診断をされても、酵素玄米ご飯は食べるでしょう。

自分の身体で試していますから。

 

 

僕にとっては 自分の身体感覚が95点で、メタトロンは85点です。

科学雑誌nature なら65点

ノーベル賞 特に医学、生物、化学だったら50点

健康や医療には、実にたくさんの反対の論点が飛び交っています。

そこで喧嘩や分裂まで起こっています。

まるで政治の派閥のように。

最大手が 西洋医学、現代医療ですね〜

塩、酵素、ツネツネ派は1000万はある医療健康派閥の少数派ですね〜

僕と同じような考え方をしている人でも
肉と卵と乳製品のことでは違います。

僕と同じく生食、ローフードの人でも、塩の考え方は違ったりします。

いろんな考え方があります。

自分の主体的な選択
自分の身体感覚

それでいいと思います。

それで自分が元気ならそれでいいし、
もし体調がイマイチなら何かを少し変えてみましょう。

僕は病気に出会ったことで食を学ぶことができました。

病気のおかげですね。

そこから学び始めて40年です。

最初は、西医学、東洋医学でした。

そしてマクロビ

そしてローフード

そして陰陽から自由になり、狭い身土不二から自由になり、

塩と生食主義となり

あれがだめ、これがだめという感覚がなくなり

化学物質と白砂糖は出来るだけ控えめで

あとは自然なものはたいていOK

いい塩と生食をしっかりとれば、ほとんどOK主義です。

以前は塩もほどほどにと思っていますが
今は、いい塩なら多めにとって大丈夫という考え方です。

フェイスブックフレンドさんもいろいろ学びながら、どっかにたどり着くでしょう。

主義の違う人にイライラを感じるならまだまだです〜

広島で漢宝塩セミナー(漢宝塩)

といっても実際は、
漢宝塩活用者、新参者 僕らとの情報交換会。

そういう情報交換会のネタで、何か新しい企画が脳で始まったりする。

漢宝塩活用者というのは、実は厳密ではないが臨床実験という側面もある。

医師も研究者も公務員もマスメディアもよくわからない
塩の効能に関する社会的実験

そして
生活習慣病を塩で治すという個性的な実験なのである。

これは淡々と続けられる。

かなりいい3割
確かにいい4割
なんとなくいい2、9割
よく分からん0、1割

一歩一歩実績を積みながら、前に進む。
地味だが一歩一歩。

医療を変革するだとかという、20年前の気負いはない。

毎日一歩一歩を楽しむという心境だ。

生きている間、歩けばいいと思う。
それは四国やサンチャゴ巡礼のようなものだと思う。

無の境地に近づいている。

安息の地に生かされている。

一歩一歩自分の足で歩けるのはいいことだ。

フエイスブックから引用(1/16)

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ

日本ブログ村

最後に‥

最後まで、お付き合いいただき有難うございます。

病を薬を服用せず、漢宝塩にて自然治癒で健康を回復するお話でした。

「健康回復学研究所」

お読みいただき誠に有難うございます。

コロナウイルスが一日も早く沈静化することをお祈り申上げます。

お問い合わせ

漢宝塩大ファン南 敏和です。

工藤清敏先生のファン。

漢宝塩で健康(薬のいらない生活)

㈱glee不動産㈱glee不動産

フェイスブックインスタグラム

ブログサークル

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをいただくと幸せです。

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへにほんブログ村 企業ブログへにほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ

令和2年1月19日 投稿 1-120
令和2年3月17日 再更新
健康回復学研究所(1-2)

 

 

 

 

-工藤清敏先生(漢方塩)

Copyright© 幸せをお手伝いする不動産 , 2020 All Rights Reserved.