Sponsored Link




体験談 不動産(質問)

在職老齢年金支給停止、株と不動産・家賃収入への影響はどうなるの?

更新日:

シニア世代

こんにちは。

老齢年金支給停止のお話

前回の記事(住宅ローンフラット35で審査落ち、再審査通る方法とと少し徳井さん話

 

わたくし事で恐縮ですが、まもなく11月で65歳を迎えます。

現在、年金(厚生年金の報酬比例部分)一部支給を受けています。

現在は65歳未満なので、「年金(厚生年金の報酬比例部分)+給与」合計額が28万までなので、年金は減額されずに100%支給されております。

在職老齢年金の支給停止

老齢年金支給停止

老齢年金支給停止

65歳未満(60~64歳)は、28万円を超えると、超過分の50%にあたる年金額が支給停止(カット)されます。

65歳以上は月額合計47万円を超えると、超過分の50%にあたる年金額が支給停止(カット)されます。

支給停止(カット)されるのは、サラリーマンが加入する厚生年金の報酬比例部分のみです。

在職老齢年金の支給の停止基準は、給与や賞与なので、株や不動産の投資収入は関係ないということになります。

つまり、賃貸物件の家賃収入も関係ないということです。

わたしが、申し上げたいのはこの部分なんです。

不動産を所有していて、家賃収入が仮に50万別途あっても支給停止(カット)されずに、年金100%支給される。

誰がこの年金ルールを決めたんでしょうか?

なんと、都合のいいお話ですね。

不動産所有

不動産所有

徳をするお客さま

裏返せば、若いうちから不動産投資をしてアパート・マンションを所有すべきです。

そして将来安定して、年金を100%受給しながら家賃収入もはいるということなんです。



今現在、30歳~50歳代の方はまだまだチャンスがあるということです。

支給停止基準引き上げ案(厚生省)

厚生省が提出した見直しケースでは、年金カット基準を月収合計62万円に引き上げる案が有力です。

在職老齢年金のルール変更のメリットが最も大きいのは、65歳になる前に厚生年金の特別支給(報酬比例部分)をもらえる

「得する年金」世代です。

定年後の人生を60歳代前半(60~64歳まで)雇用延長期間と65歳以降に分けて考えるのも、いいかも知れませんね。

 

現在60代前半で働きながら特別支給で年金を受給している人は55%が年金額が支給停止(カット)されています。(厚労省調べ)

ただし注目は支給停止(カット)されていない人が45%もいます。

この辺は、うまく支給停止(カット)されずに働くにはどうすればいいのか

「年金(厚生年金の報酬比例部分)+給与」⇒株や不動産の投資収入(家賃収入)は関係ないを、ヒントに考えたいものです。

最後に

不動産を所有していて、家賃収入が50万別途あっても支給停止(カット)されずに、年金100%支給

このチャンスをおおいに活用してください。

在職老齢年金支給停止、株と不動産・家賃収入への影響はどうなるの?の記事を書きました。

きょうのお話がためになれば嬉しいです。
最後まで、お付き合いいただき
ありがとうございます。

質問などはお問合せページよりお願いいたします。

お問い合わせ

南 敏和 プロフィール詳細はこちら

㈱glee不動産

㈱glee不動産

 

 

・19/10/29 売却物件大募集!!
お客様の購入リクエストをもとに、大阪市内 中央区・西区・浪速区を中心に売却物件を大募集しております!!
限定募集の為、成約価格に自信があります!(査定は無料)

・現在は中央区・西区・浪速区・西成区・大正区・港区にリクエスト物件チラシ配布中!
おかげ様でどんどん売れております!!19/10/29 住宅ローンに自信があります!!

住宅ローンにはちょっとしたコツがあります。

他社様で断られたり、自分自身で判断せずお悩みなら是非ご相談下さい。

記事が少しでも役に立ったと思いましたら、シェアでもコメントでもいただけると励みになります。

 

フェイスブックFacebook(フォロワー約4.944人)

インスタグラムInstagram(フォロワー約1.178人)

 

Twitter(フォロワー約22)

 

「ブログランキングに参加しています」
「面白かった!」「参考になった!」方は
応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ

令和元年10月29日投稿(103)

 

 

-体験談, 不動産(質問)

Copyright© 幸せをお手伝いする不動産 , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。