Sponsored Link




不動産

売買契約でのトラブルベスト3、重要事項説明書・契約解除項目・建物欠陥

更新日:

不動産トラブル(窓口)

こんにちは。

残暑きびしい折、いかがお過ごしですか?

幸せをお手伝いする不動産
南 敏和です。

今回は‥。



売買契約のトラブル

売買契約(トラブル)

不動産売買取引において大きなトラブル(裁判・紛争になる)は、どのような事項が多いのか?

またトラブルを防ぐには、なにをどうすべきなのか?

不動産流通センターから、トラブルの多い情報の順にお伝えします。



重要事項説明書

重要事項説明書

重要事項説明書

重要事項説明書の内容がまちがっている問題。

書面は正しいが、その内容を十分に理解していない

道路付けで、前面道路が公道か私道か(個人か企業が所有になっている場合があります)

不安な場合は、公図をみて確認チエックが必要です。

重要事項説明書は、不明点の資料請求だけでも、結構時間がかかりますから、できるだけ余裕をもって、照らし合わせの確認する時間を、1週間から10日前ぐらい前から、とることが大切です。

前もって読んで理解する。また不明点は、先に質問して理解をすることが、大切です。

理解が出来ないときは、契約をしないことです。

当日に重要事項説明書をだしてきて、さらりと説明するなど、特に契約を急ぐ不動産業者は要注意です。

建売業者で、当日でないと見せませんというところもありますから、ご注意してください。

法律用語が出てくるので、一般の方が理解するのは、むずかしく意味がよく分からないのに、署名・捺印をしてはいけません。

後日知らなかったといっても、通用しないです。市街化調整区域では、建物の建替えができませんので、注意してください。

契約の解除項目

ローン特約

ローン特約

住宅ローン特約は、ローンが通らないときは、無条件で手付金を返金してもらえるという、特約です。解約期間の確認に注意してください。

売主はローンについて返事がないから、ローンは大丈夫と思っていたとなり、手付金を返金してくれない場合もありますから、後日にはトラブルとなります。

金融機関を指定した場合は、ローンが通らないときは、解約ができ全額返金してくれるのか?細かいところまでチエックして、トラブルにならないようにしてください。

瑕疵問題(欠陥)

瑕疵担保責任

瑕疵担保責任

瑕疵担保責任

瑕疵担保責任

建物のかくれた欠陥

中古住宅の売買契約では、契約時点で、わからなかった瑕疵が、後ほど発覚した場合、気がついたときから、1年以内であれば、売主や施工会社への賠償請求や契約解除をすることができます。

中古住宅の場合、瑕疵期間が売主から1年しか持ちませんの、期限がついている場合は注意してください。

対策として、瑕疵保険に入る方法があります。後日に構造的な問題でおきた雨漏りなどは、修理費として保険金が支払われます。

瑕疵保険には費用がかかるので、入らないかたは、建物検査を受けることで(インスペクション)後日の問題を減らすことが可能になります。

現在は、住宅瑕疵担保履行法が施工して、住宅の売主や施工会社は保険加入が義務化しています。

まとめ

・重要事項説明書の内容の理解(早い目にチエックする)ことで、トラブルはおおきく減らすことができます。

・問題を100%なくすことは、むずかしいですが、前もって準備することで、ある程度はカバーでき、大きなトラブルが起きる可能性が少なくなります。

売買契約のトラブルに関して、ご参考になればよろこびます。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございます。


 

・19/08/01売却物件大募集!!
お客様の購入リクエストをもとに、中央区・西区・浪速区を中心に売却物件を大募集しております!!
限定募集の為、成約価格に自信があります!

・現在は中央区・西区・浪速区・西成区・大正区・港区にリクエスト物件チラシ配布中!
おかげ様でどんどん売れております!!19/08/01住宅ローンに自信があります!!

・住宅ローンにはちょっとしたコツがあります!
他社様で断られたり、自分自身で判断せずお悩みなら是非ご相談下さい!

疑問点・課題点をお答えします。

幸せをお手伝いする不動産

南 敏和 フェイスブック
フォローいただけると…幸せです!

 

ランキングに参加しています!
応援してもらえると嬉しいです。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

-不動産

Copyright© 幸せをお手伝いする不動産 , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。