Sponsored Link




不動産

必見サラリーマン副業のおすすめ不動産投資・はじめてする方法

更新日:

サラリーマンの不動産投資

にんにちは。

日々の出来事や、仕事についてざっくばらんに、本音でお話しをします。

前回の記事(ど素人の不動産投資のはじめ方‥)

サラリーマンをやりながら、不動産投資をする方法のお話しです



不動産投資(サラリーマン)

中古ワンルームマンション投資で100年ライフを生き抜く【ランドネット】

 

サラリーマン不動産投資

サラリーマン不動産投資

なぜ、サラリーマンなのか?

結論からいえば手間(時間)がかからない!

通常業務が終わってから、別の仕事(アルバイト等)をすると、時間的にも、体力的にも限界があるからです。

また、せっかくの土曜・日曜にも働くとしたら、既婚者でしたら、家庭が崩壊する恐れがあるからです。

年収1000万超える

年収1000万超える

なぜ、収益が上がるのか?

マンションに10戸(部屋)があり、家賃が5,0万×入居者が10人=50,0万 すでに売上が50,0万確保しています。

どこの世界に、スタートしたばかりで、いきなり収入が50,0万円確定しているって、商売があるでしょうか?

 

そしてマンションの入居者が、10人がいきなり退去するなんてことは、現実的にはありえません。引越するっていうのは、それなりにお金もかかりますし、労力もかかりますから。

 

そこが、不動産投資・マンション投資のすごいところなのです。こんなことは、ほかのビジネスでは、考えられないことです。ラーメン屋にしても、パン屋にしても、美容院にしても・・・

最初から多くのお客さまが、きていただくとは考えられません!

大きな魅力

部屋が空いても、通常解約届けは、一か月前・うまくいけば二か月前の届けが必要と、賃貸借契約に銘記できます。

よって、入居者募集は1か月か2ヶ月まえから、予約がとれますから、退去しても募集はスムーズに運びます。

みんなは収入が安定せず、思い通りに集客ができないから、苦労しているのに、不動産投資・マンション投資の経営上の売上のなるのが、入居者の家賃なのです。

 

最初からお客さん(入居者)がいる状態で物件を購入しますから、なんらかの理由により、退去しない限り、売上に相当する家賃は、はいってきます。

どんな商売でもお客さんがくることは、最初から確定されていません。しかし、不動産投資・マンション投資は、売上が確定しているのです。

だから、物件の所有者にさえなれば、あとは家賃が入ってくるというわけなのです。
これは、非常におおきな魅力です。

実質、やること

ポイント まかせきりにしない!!

部屋があいたとき
管理会社から連絡をいただき、早く空室をうめる対策をねることです。

万一、一か月以上空室が続けば、専任からオープにする、広告料を他業者の分も支払うとか、色々対策をねりましょう。

部屋のリフォーム
見積もりを取り、高ければ値段交渉、他社と会い見積りをする。

営業・管理会社とのコミュニケーン
たまには、営業店・管理会社に、手みやげ持参し、話をして、本音を聞くことです。

 

結局は、最初は少し手続き等で時間がかかりますが、売買契約して管理会社にまかせてしまえば、その後は極端にいえば、あまりすることがありません。

管理会社の選定

・空室をいちはやく決めてくれるところ
ここは、最優先事項です。空室がでればいちはやく決めないと、売上が減少して収益が悪化します。1ヶ月以上決まらない時は、他社にも依頼してください。

・会社がしっかりしているところ
管理会社が倒産すれが、売上金【家賃】も入らなくなる恐れがありますから、注意が必要です。ネット等でしっかり経営内容を調査すべきです。

・管理料が3%のところ(通常5%が多い)
50万だと満室で月額15,000円で、基本的には空室には管理料は発生しません。そして、だいたい担当者は1人で平均3,000戸ぐらいを管理します。

リフォームは、合い見積もりして仕事内容が丁寧で、金額が安いところにすべきです。

まとめ

・不動産投資・マンション投資は、結局は売上(満室)最優先



・将来的には、売却しても儲かるように物件選定を間違えなこと。

・営業マン・管理会社のひとには、嫌われないように心掛ける。部屋付と建物管理をまかせるから、大切です。

・定期的に、投資物件自分自身の目で見に行き、不都合があれば、連絡すべしです。任せきりにはせず時には管理会社を変えるぐらいの勇気も必要です。

以上

最後まで、お読みいただき、有難うございます。

幸せをお手伝いする不動産

南 敏和・フエイスブック
(フォローをどうぞ)

 

-不動産

Copyright© 幸せをお手伝いする不動産 , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。