不動産

不動産投資の物件探し・8つの方向はこれだ、サラリーマン向き!

更新日:

ミルクボーイ

不動産投資の物件探し(サラリーマン向き)

前回の後半です。

前回の、記事はこちら

収益物件の購入パートⅡ

物件決定すれば‥。

融資

⑦融資承認出る・金融機関探し

融資

融資承認

買付をだしても、100%大丈夫とは言えません!

別の買主が融資承認を取ると、条件が同じならば、先に融資承認を取った買主が、契約することになります。

また、二番手の買主が、購入価格を上げてでも、買おうとする動きが、ある場合も出てきます。

つまり、少しでも早く融資承認を取って、売買契約をしてほうが絶対にいいと思います。

銀行系・日本政策金融公庫・ノンバンク等、金利の差があります。

キャッシュフローが出るなら、前向きに融資を通しにいきます。

銀行系⇒日本政策金融公庫⇒ノンバンク

購入したい物件が、出てくれば必要書類を早く準備して提出します

個人:源泉徴収票3期分・確定申告されている方は、3期分・自分の金融資産書類(預金通帳コピー等)

法人:決算書3期分

とにかく、買付証明を出したら、銀行から融資承認をいち早く取りましょう。

少しの、時間差で、他の買主に先を越されたという事もまれにあります。

⑧売買契約

売買契約

売買契約

 

重要事項説明から売買契約は、不動産仲介会社でおこなうことが多いです。

とくに、重要事項説明は、長くなりますが、本契約をする前に、土地・建物・駐車場・設備関係等、たいせつな説明があります。

不明点は、その都度質問して、十分に理解・納得をしてから、署名・捺印をしましょう。

不動産知識が豊富な方が、いらっしゃったら、是非とも同席してもらうと、いいでしょう。

収益物件は、事業用不動産になりますから、消費者ではなく、事業者として契約します。

知らなかったからという、言い訳は、ききません。

不動産仲介会社の事務所で、売買契約をします。

場合によっては、現金の流れがスムーズにいくことから、銀行でスペースを借りて契約することも多いです。

小切手・振込入金がほとんどです。

双方の不動産仲介会社と売主・買主・司法書士立会いで、売買契約の決済をおこない、売買代金も全額その場で、支払ます。

司法書士が引渡しの書類を確認して、委任状への記名・捺印をして銀行が融資をおこないます。

そして、買主に売買代金残金や清算金を振込ます。司法書士の手数料や登記費用仲介会社への仲介手数料もこの場で支払ます。

売主への売買代金の入金が確認されれば、司法書士は、法務局に登記に向かいます。

図面やレントロール・賃貸契約書・部屋のカギを引継いで、取引は完了です。

売買契約も重要事項説明と、同様に不明点があれば、質問をして理解・納得して契約をしましょう。

売買代金の領収書を受け取れば、売買契約は完了となります。

物件引渡

物件引渡

物件引渡

契約書と重要事項説明書を銀行に渡します。

銀行から最終承認がでれば、銀行とローン契約を締結します。場合によっては、印紙代・事務手数料が必要です。

仲介会社とは、当日の清算明細の確認、入居者への所有者変更・水道、電気などの、名義変更

普通は、仲介会社にお願いすることが、多いですが場合によっては、自分ですることも、あります。

前所有者と同じ管理会社にまかせれば、内容がわかっているため、スムーズにいきますが、前もって管理会社の実績内容を確認しておくことは、大切な業務です。

今後のマンション経営に、重大な業務をまかす、管理会社は、あなたの経営のサポートになります。

空室時の入居者募集・退去時のリフォーム処理・家賃滞納処理・入居者とのトラブル処理等、マンション経営すれば、わ

かりますが、管理会社の判別は、今後のマンション経営を左右すると、言っても過言ではありません。

最後に‥


まとめ

わたしも、収益物件を経営していますので、疑問点等があればご質問いだだければ適切な助言ができると思います。

引渡しが完了すると、各契約者(入居者)に所有者が変更になった旨の通知をして、アパート経営がスタートします

アパート経営は、満室で軌道にのれば、なにもしなくても、毎月通帳に家賃収入が入金されます。

わたしからの、助言としてアパート経営は、軌道に乗るまでは、入居者募集・退去後リフォーム・家賃滞納等トラブル。

一通りは経験された方が、管理会社の言いなりにならなくて、よいアパート経営ができると思います。

良い経営をして、豊かな老後を

この記事が参考になれば幸いです。お過ごしください。


最後まで、お読みいただきありがとうございます。

質問などはお問合せページよりお願いいたします。

お問い合わせ

南 敏和 プロフィール詳細はこちら

㈱glee不動産

㈱glee不動産

 

 

記事が少しでも役に立ったと思いましたら、シェアでもコメントでもいただけると励みになります。

フェイスブックFacebook(フォロワー約4.944人)

インスタグラムInstagram(フォロワー約1.178人)

 

Twitter(フォロワー約22人)

 

「ブログランキングに参加しています」
応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ
日本ブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
日本ブログ村

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

令和2年1月30日 再更新(1-8)
コロナウイルスの感染が判明(奈良)

-不動産

Copyright© 幸せをお手伝いする不動産 , 2020 All Rights Reserved.