Sponsored Link




不動産

マンションが売れない場合は、どうすればいいのでしょうか?

更新日:

電話セールス

こんにちは。

最近は、ホント残暑がきびしいです。

皆さま、ご機嫌いかがですか?

幸せをお手伝いする不動産
南 敏和です。

前回のコンテンツ

今回は‥。

なぜ?
マンションが売れないの



どうすれば、売れるの?

売れないわけ

売れない理由

売れない理由

販売価格が高い

大阪市内は、不動産業者が多くてどうしても、物件仕入(物件獲得)が競争になります。

売主が物件売却の査定を業者に依頼した場合、各社の査定が少し高い査定になっていきます。

査定金額が相場でなくて売れてなくても、売れない金額で査定する業者の場合が多いのです。

大手不動産業者でも、地元の不動産業者でも、専属専任媒介の売却依頼が欲しいから、そういう結果になってしまいます。


一括査定サイトもありますが、最初に高い金額で査定する業者が多いですから、売主の方もそれが相場だと思ってしまいます。

価格を査定する業者側にも、責任はあると思います。

マンションにも、実際にこのマンションを○○○○万で買いたいお客さまがいらっしゃいます。

売却先を探すために

高い金額で広告を入れるから、業者のひとつの営業戦略になります。

そして売主さんに売る査定がどうしても、高くなり建物はまったく売れません。

専属専任契約を締結しておいて、ころ合いを見計らって、販売金額を下げる交渉をしてきます。

価格変更のタイミング



広告をいれるのに、価格変更の交渉がうまくいかないと、次回の交渉がすぐに出来ないから、販売価格の変更の機会を逃してしまうことになります。

そして、だらだらと現状価格のままで、販売活動をするから売れない状態が続いてしまいます。

業者としては、最初に自分が高い査定して専任媒介をしているから、なかなか売主に言えないケースが多いのです。

そういう時は、しばらく様子をみて他の業者に相談をしてください。

他の不動産会社

他の不動産会社

専任媒介の契約をしておいても、相談すること自体はぜんぜん大丈夫です。

セカンドオピニオン(ほかの業者に相談して)原因を突き止めてください。

そして、他社は変なしがらみがありませんから、客観的な意見を言ってくれると思います。

結果として専任にまかしている業者に、価格変更をしてもらう。

新しく業者をかえて、販売価格も変更して新規に売出すのも、気分一新でいいかも知れません。

新しくレインズに載せてもらったり、新規の業者さんにも依頼してもらったりすると販売活動が前進します。

時期的な問題

時期的な面もあるので、時期がわるい時は、いったん売るのをやめて、シーズン前に売り出すのもいい方法です。

シーズンは、春・秋がベストだと思います。(繁忙期にむけて販売作戦の練り直しも必要です)

先ほどの件もありましたように、売れない場合は他社に相談してください。

そして、いったん販売活動を中止して、また時期が来たら販売額を見直して、売却依頼したらあっさり売れることは、私共でもよくあることです。

まとめ

・結局は販売価格が相場よりも高いのことが、原因であることが一番多いです。

当社でも、マンションが売れないご相談はよく受けますが、お客様に本音でお話しさせていただいております。

ご相談があれば、お申し付けください。

今回は、なぜマンションが売れないのか?について、記事を書きました。ご参考になれば幸いです。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございます。


 

・19/09/1売却物件大募集!!
お客様の購入リクエストをもとに、大阪市内 中央区・西区・浪速区を中心に売却物件を大募集しております!!
限定募集の為、成約価格に自信があります!(査定は無料)

・現在は中央区・西区・浪速区・西成区・大正区・港区にリクエスト物件チラシ配布中!
おかげ様でどんどん売れております!!19/09/1住宅ローンに自信があります!!

住宅ローンにはちょっとしたコツがあります。

他社様で断られたり、自分自身で判断せずお悩みなら是非ご相談下さい。

疑問点・課題点をお答えします。

南 敏和 フェイスブック

南 敏和 instagram

株式会社 glee不動産

 

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

-不動産

Copyright© 幸せをお手伝いする不動産 , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。